読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローコストで度々旅々

旅、飛行機、青い水の絶景のこと。FP的お金とかマイルとか。

ふるさと納税、大量のティッシュが到着!今回はポイント合計6%還元

ふるさと納税 ポイントサイト

昨年から始めたふるさと納税。今年の第1弾はボックスティッシュにしてみました。

f:id:mizusagashi:20170205231402j:plain

ふるさと納税は、寄付先や返礼品のバリエーションも増えましたねー。今回は静岡県富士宮市に1万円寄付して、180組360枚入りの箱ティッシュを60箱いただきました。

ピラミッドにしてみるもよし

f:id:mizusagashi:20170205231437j:plain

巨大ジェンガを楽しむもよし

f:id:mizusagashi:20170205231458j:plain

いい大人が童心にかえれるひとときです。

サイトの選び方次第で、ポイント3重取り

ふるさと納税ができるサイトで、今一番多くの自治体を扱っているのは「ふるさとチョイス」だと思います。自治体数が多いということは、返礼品のバリエーションも多い。昨年はここを利用しました。

www.furusato-tax.jp

ほかにもいろいろサイトがありますが、今回は欲しいモノを扱っていた、楽天ふるさと納税を利用しました。ストレートに楽天のサイトから寄付しても良いのですが、やっぱりできるだけ得したいので、ひと手間かけます。

と言っても全然簡単で、まずはポイントサイトのハピタスへ行きます。ハピタスとは、提携サイトを利用することでポイントが貯まり、貯まったポイントは現金や各種マネー、マイルなどに交換できる有名なサイトです。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

そこから楽天の広告を選び、楽天へ。

楽天に行ってしまえば、ここからは普通にお買い物をするように、ふるさと納税を申し込みます。楽天ではふるさと納税の支払いにも楽天スーパーポイントが使えるので、ポイントがたまっていれば、全額ポイント払い、なんてこともできます。

そして我が家は、楽天のダイヤモンド会員なので、お買い物のポイントは4倍となりました。キャンペーンでポイント10倍!という寄付先もありますので、うまく利用すれば、さらにポイントがつきます。支払い方法はもちろん、クレジットですね。

ということで、今回は以下のようなポイント獲得となりました。

-----<<寄付額:1万円>>------
ハピタス:1%(100円分)
楽天:4%(400円分)
クレジット:1%(100円分)
--------------------------------------------
合計6%(600円分)

微々たるものですが、チリツモです。ポイント還元率がもっと高いカードを使えば、さらに戻ってきます。

今年は上限まで活用したい!

ふるさと納税は簡単に言うと、好きな自治体に寄付をするという制度。その寄付のお礼に、自治体によっては特産品などの返礼品がもらえます。寄付した額のうち、2000円は自己負担になるのですが、残りは税額控除という形で戻ってくることになります。

ただ、いくらでも戻ってくる訳ではなく、所得に応じて2000円負担でいける寄付額の上限が変わります。たとえば、扶養家族のいないサラリーマンで、年収500万円くらいの人なら上限6万円くらいまで。それを超えると、超えた額プラス2000円が自己負担となります。上限額は所得だけでなく他の控除も影響するようなので、源泉徴収票を手元に置いて、ふるさと納税サイトのシミュレーターなどで計算されることをオススメします。

我が家のふるさと納税デビューは昨年からで、昨年の寄付額は家計全体で合計1万円でした。今年は上限ギリギリまで活用したいなー、と思っています。

前回、洗濯洗剤をもらったときの件はこちら。

 

mizusagashi.hatenablog.com