ローコストで度々旅々

旅、飛行機、青い水の絶景のこと。FP的お金とかマイルとか。

ふるさと納税、控除された額を見て威力を実感

我が家では昨年から取り組んでいるふるさと納税。今日の「ヒルナンデス!」でも紹介されていましたね。お礼の品も魅力的ですが、何といっても税額控除を受けられるのが素晴らしい。住民税決定通知書を見て、ますますヤル気が湧く毎日です。

f:id:mizusagashi:20170628150426p:plain

ふるさと納税とは、おさらい

今さらですが、一応ふるさと納税の概要です。

ふるさと納税は簡単に言うと、好きな自治体に寄付をするという制度。その寄付のお礼に、自治体によっては特産品などさまざまな返礼品がもらえます。寄付した額のうち2000円は自己負担になるのですが、残りは税額控除という形で戻ってくることになります。2000円負担でいける寄付額の上限は、ふるさと納税サイトのシミュレーターなどで計算されることをおすすめしますが、扶養家族のいないサラリーマンで、年収500万円くらいの人なら上限6万円くらいまでです。

ふるさと納税サイトの最大手『ふるさとチョイス』のシミュレーターは、医療費控除や住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)まで入力できますので、結構細かく計算できます。

www.furusato-tax.jp

税額控除の恩恵は寄付した翌年。ワンストップ特例でラクラク

我が家のパターンもそうですが、ここでは「ワンストップ特例制度」を利用した場合でお話します。

年末調整をする人で寄付先が5自治体以下の場合、「ワンストップ特例制度」を使うことができます。寄付した自治体から送られてくる必要書類を整えて返送するだけ。確定申告が不要なのでラクラクです。

1年間(暦年課税なので1月~12月)に寄付した額に対して、税額控除が受けられるのは翌年の住民税。住民税は毎年6月頃に確定しますので、今年はワクワクして待っていました。そして届いたのがこちら!

f:id:mizusagashi:20170628150721j:plain

昨年の私の寄付は1万円だけでしたので、2000円を超える8000円分、住民税が安くなってます!これは嬉しい!小さな一歩ですが、将来の家計には偉大な一歩です。8000円ちょうどではなく8002円なのは謎ですが、。後で計算してみよう。。

はじめは欄外の注釈に気づかず、明細の中の「税額控除」部分を計算してました。。こんな風にきちんと書いてくれるとわかりやすいですね。

お礼の品がショボくなっても、ふるさと納税はメリットあり

税額を決めるとき、その人の所得を見ますが、社会保険料や生命保険料などいろいろと所得から控除してくれて、税額が少し安くなります。しかし、これはあくまで所得がなかったことにしてくれる所得控除。その人の状況にもよりますが、最終的な税額から割り引いてくれる税額控除インパクトが大きいのです。

ふるさと納税の「2000円を超える部分」は、この税額控除という方法で住民税などを割引してくれています。他には住宅ローン控除も税額控除の一つですね。

総務大臣の通達により、各自治体がお礼の品を3割以下の還元率にする方向で動いているようです。けど、お礼の品がショボくなったとしても、税額控除のルールは今のところ変更される様子は見受けられません。たとえお礼の品が何ももらえなくても、2000円負担で数万円の税金が浮くなら、ふるさと納税は取り組む価値はあると思います。まあ、物をもらえるに越したことはないですけど。

さて、今年も残すところ半年。せっせとふるさと納税に取り組みます。

我が家のふるさと納税履歴はこち

mizusagashi.hatenablog.com

mizusagashi.hatenablog.com

mizusagashi.hatenablog.com