ローコストで度々旅々

旅、飛行機、青い水の絶景のこと。FP的お金とかマイルとか。

KIXエアポートラウンジで、ネットカフェ初体験。そして爆睡。

先日、早朝に3時間ほど関空で時間を潰す必要があり、初めてKIXエアポートラウンジを利用してみました。KIXカードのポイントを使ったので無料でしたが、爆睡するほど快適でした。

f:id:mizusagashi:20170617142831j:plain

続きを読む

【ポン活】5月はレモン系新商品を中心にいただき、1pt単価2.42円となりました

Pontaポイントで発券できるローソンの「お試し引換券」。5月もいろいろいただきました。

続きを読む

【青い水の絶景】ラオス・クァンシーの滝編

「青い水」を探して数年。先日行ったラオスも、一番の目的は「青い水」探し。雨季直前でしたが、『クァンシーの滝』はなかなかの美しさでした。

f:id:mizusagashi:20170608062418j:plain

続きを読む

【ラオス旅】ルアンパバーン国際空港はこんなところ

先日行ってきたラオスルアンパバーン。メインゲートとなるルアンパバーン国際空港には、アジア各地から定期便が飛んでいて、ラクラクアクセスできます。こじんまりした空港でしたが、設備などをちょっとご紹介。

f:id:mizusagashi:20170606061904j:plain

続きを読む

【ラオス旅】ルアンパバーンでおすすめの一人メシ

5月24日から4日間ほど、ラオスルアンパバーンへ女子一人旅に行ってきました。一人だと食事の選択肢が狭まることが多いのですが、ルアンパバーンは屋台もいろいろあり、一人メシも楽しかったです。オススメのご飯屋さんをご紹介。

f:id:mizusagashi:20170603120611j:plain

続きを読む

【ラオス旅】世界遺産・ルアンパバーンの町を一望できる丘と仏陀の足跡?!

先日、世界遺産にも登録されている、ラオスルアンパバーンに行ってきました。町を一望できる丘に登り、仏陀の足跡なるものも拝見。

f:id:mizusagashi:20170603114206j:plain

続きを読む

【ラオス旅】ルアンパバーンの観光編、「こんなところに日本人」でやってたけど、、

5/25から4日間行ってきた、ラオスルアンパバーンの話の続きです。いろいろなメディアで『満足度1位』などと取り上げられ、なかなかの観光地・ルアンパバーン。まずはメジャーなスポットのご紹介です。

f:id:mizusagashi:20170530225414j:plain

朝は托鉢から

ルアンパバーンを象徴するものといえば、托鉢の風景でしょうか。毎朝6時頃から数百人の僧侶が、あちこちで托鉢をする風景が見られます。

f:id:mizusagashi:20170530225447j:plain

ホテルの方に連れられて、私も参加してみました。持って行くのは餅米が入ったこんなカゴ。可愛い。

f:id:mizusagashi:20170530225510j:plain

中はこんな感じ。ゴザを敷いて、僧侶を待ちます。

f:id:mizusagashi:20170530231355j:plain

はい!来ました!

f:id:mizusagashi:20170530225545j:plain

ここから、20人くらいのお坊さんがやってきて、お坊さんが持っている容器にご飯を入れていきます。忙しくて喜捨中は撮影できません。。一通りお坊さんが通り過ぎると、お坊さん10人くらいでお経を唱えてくれます。これはちょっと感動しました。撮影してる場合じゃないですね。。一旦宿に戻って、朝市を見がてら出かけると、まだ托鉢が続いていました。

朝市は地元の台所

7時ころから、朝市がでます。メインストリート近辺です。野菜やら魚やら乾物やら。路上で売っているパターンと

f:id:mizusagashi:20170530225806j:plain

簡易な店舗のパターンがあります。これは麺かな?

f:id:mizusagashi:20170530225828j:plain
雑貨も可愛い。

f:id:mizusagashi:20170530225855j:plain
私は何も買ってないですが、安いのかな。

お寺も見どころ

さきほどの托鉢にもあるように、ラオス仏教国です。ルアンパバーンにもお寺がたくさん。一番大きなお寺がこちら。ワットシェントーン。

f:id:mizusagashi:20170530230010j:plain

入場料は2万キープ。一番大きいといっても、くるっとすぐに見て回れます。それぞれの建物に仏像があります。昔の国王の霊柩車も。

f:id:mizusagashi:20170530230105j:plain

豪華!他にもたくさんのお寺があります。お寺好きな方は是非どうぞ。

夜はナイトマーケットへ

17時頃から、メインのシーサワンウォン通りにナイトマーケットが出ます。
小さなお店がいっぱい!

f:id:mizusagashi:20170530230200j:plain

雑貨が中心ですね。お土産はこちらでどうぞ。

町並みも楽しめます

ラオスは元フランス領だからか、ルアンパバーンもオサレな建物が多い気がします。メコン川沿のゲストハウスも、可愛い。

f:id:mizusagashi:20170530230425j:plain

バイクがなければ、欧米な雰囲気。邸宅風な建物も。

f:id:mizusagashi:20170530230635j:plain

よく見ると、ユネスコ世界遺産のプレートが。

f:id:mizusagashi:20170530230656j:plain

メコン川沿でスケッチを売っているところには、、、

f:id:mizusagashi:20170530230743j:plain

こんなものが!!

f:id:mizusagashi:20170530230817j:plain

なぜ??笑点の缶??日本でも見たことないわ。。

ルアンパバーン、観光名所と町歩きのポイント

ルアンパバーンの中心部は、徒歩で十分回ることができ、早朝の托鉢からナイトマーケットまで、一日中見どころ満載です。結構体力を使うので、午後の暑い時間はカフェやホテルで一休みしましょう。ちなみに5月末の14時頃でこんな雰囲気です。

f:id:mizusagashi:20170530230948j:plain

ここはメインストリートですが、暑くて人がいません。。あと、帽子やサングラスに加えて、日傘は必携です。本当に日差しが痛いです。欧米は日傘人口少ないのですが、アジアは日傘をさしてる人が多いので、気兼ねなくさせます。のんびりした観光スタイルが似合う町だと思いますので、欲張らずのんびりしましょう。

ちなみに、、3~4月が暑季。5~10月が雨季。11~2月が乾季だそうです。

まとめと余談

関西地区で5月30日に放映されていた「世界の村で発見!こんなところに日本人」で、ルアンパバーンが紹介されていたのですが、首都ビエンチャンからバスで何時間もかけてルアンパバーンに行っていました。悪路をバスで越えて、途中1泊して、、と、とても秘境感を出していましたがルアンパバーンは全然秘境ではないと思います。

ルアンパバーンの空港は国際空港で、アジア各地から定期便が出ています。観光客が行く所のお店の人たちは、だいたい英語が話せます。カンボジアアンコールワットがあるシェムリアップほど大規模な観光地ではないですが、便利に滞在できます。

千原せいじさんのファンなので、この番組は好きなのですが、やっぱり現地に行って、自分の目で確かめて、情報を精査していきたいな、と思います。

ルアンパバーンのお話、まだ続きます。

ラオス到着までのお話はこちら

mizusagashi.hatenablog.com

mizusagashi.hatenablog.com